生命保険の見直しをしたいです

生命保険を加入している方にはその加入経緯によりその後の見直しアプローチに差があります。ひとつは会社で勧誘員から入っている方や親類の方から加入された方は継続的にその担当者又は後任の方から見直しを勧められます。

それ以外の方、たとえば会社で加入したがその後その会社を辞められた方、親戚の方が保険販売をやめられた方等、担当者と接点が無くなった方は保険会社からアプローチがなく生命保険がそのままの状態になっています。

家庭環境や世間状況も変わっていくときに生命保険の見直しは必要です。
契約してから何年もそのままで「いざ」というとき役に立つんだろうか?

年齢に伴い、保険料も減額などできるのではないか?

しかし見直しイコール「すぐ新しい保険に入りなおす」ではありません。

見直しとは、現在の保険内容について今後の家族のライフプランと照らし合わせ分析し、保障額の過不足等を確認したのち適切な内容に再構築することです。

生命保険に関するご相談の流れは、まず家庭状況等や今後のご不安点をお聞きしたのち、現在ご加入の保険証券とすすめられている保険があれば提案書をお預かりします。
その後、その保険商品の分析と対応策をご提案させていただきます。