ファイナンシャルプランナーとは

最近いろいろなところで聞く「ファイナンシャルプランナー」

という言葉。

お金に関する資格だということは知っているが、いったい何をしてくれる人なんだろう?という方がいらっしゃいます。

お手伝いできることはいろいろあります。最初は皆様のご相談から始まります。

ファイナンシャルプランニングをする人

「ファイナンシャルプランナー」はまず「ファイナンシャルプランニング」をする人と言えます。

「ファイナンシャルプランニング」とは、本人、家族の「収入・支出」「資産・負債」「保険の保障」つまり「現在」「過去」「未来」の家庭経済の情報を収集し、その現状分析を行いライフプランを立案します。そしてそのプランの実行をお手伝いし、逐次見直しを行うといった一連の作業を言います。
これらを行うには広範でかつ相当量の知識が必要になります。

「ファイナンシャルプランナー」とはこの「ファイナンシャルプランニング」を行い実行支援する専門家です。

また、一般的に「ファイナンスに関するホームドクター」とか「お金の専門家」とも言われています。

ライフプランを作る

人生の中には経済的に大きなイベントがいくつかあります。

特に教育資金・住宅資金・老後資金が人生の3大資金と言われています。

また他に自動車の購入・家族旅行等のレジャー資金もあります。

このような資金が必要になった時にすぐ用意できる方はそんなに多くはいらっしゃいません。

そこで事前にプランニングをしていくのです。

どのように、いつから、どれぐらいを、何を使って準備していくか。 

また資金には使用期間がいろいろ絡んで影響し合っています。一つの資金には十分対応しても他の資金にまで回らないということがよくあります。

そのようなことを包括的にさらに人生という長期な考えの中でまた社会的背景も考慮してライフプランを作成していきます。

 ライフプランについて一度ファイナンシャルプランナーに相談してみませんか。