子供の教育費が心配だ

お子様の教育費の出費時期や金額は想定しやすいです。なぜなら生まれた子は15年経てば誰でも高校入学の時期です。なので生まれた時から貯め始めるべきです。
確実に運用するのであれば目標金額を決め、毎月コツコツ貯金をしていく方法や、こども保険に入ってしまうなどがあります。

または早めに貯めて投資信託などで運用していき、そこから随時より良い金融商品にタイミングよく振り分けながら取り崩していく方法も考えられます。
どちらにしてもある程度の教育資金総額出費時期を把握しなければなりません。私立か公立か、大学は通学できる範囲か親が予想で決めましょう。そこから貯め方を考えていくべきです。